1. >
  2. >
  3. アクチュアリー
お札

アクチュアリー

投稿者:

保険、年金の数理人と呼ばれるアクアチュアリー

保険や年金は人の将来を安定させるため、また老後、安心して生きていくためのものです。
万が一の際に生活を保障してくれる保険、老後のために積み重ねていく年金、こうした掛け金や支払金額について、どのように決まっているか、皆さんご存知でしょうか。

この数字は様々なデータを分析することによって算出されています。
そこで算出などで活躍するのがアクアチュアリーです。
統計、確率等の数学的な方法を利用し、保険、年金の適正な賭け金、支払金額を算出します。
保険の掛け金や支払金額にかかわる仕事ということで、保険数理人といわれる事もある仕事です。

個人の寿命や病気、けがについては予測できないものです。
しかし人の病気、けがなどのデータ、確率論、統計学を利用することで、将来という不確定要素となる数字を推測する事も可能となるのです。

アクアチュアリーの仕事

保険関連資料を収集し、死亡率、事故率、伝染病、さらには天候、災害確率、政治等の情勢をデータ分析し、将来起こるかもしれない出来事を確率論や統計学を利用し予測するのです。

適正な保険金額を算出する事が出来れば、保険会社は保険の掛け金や支払金額を適正に決めることができ、お客様も納得の保険商品の利用を考える事ができます。
アクアチュアリーという仕事は一般的にあまり知られてるとはいえないのですが、縁の下の力持ち的な大きな役割を持っている仕事なのです。

活躍の場は広くある

生命保険事業、年金事業分野で活躍する事が多いアクアチュアリーですが、最近は企業経営に関しても高い知識を持っているということで、企業の経営部門にかかわる部署にも今日があります。

市場リスクの予測など専門的知識を活かせる仕事の分野が広がりを見せていることで、アクアチュアリーは、この先、様々な分野に仕事の幅を広げていくということも考えられます。
大手企業のほかに、証券会社、監査法人、弁護士事務所などでも雇用されているアクアチュアリーがいます。

アクアチュアリーまでの道程

アクアチュアリーとして活躍したいという気持ちをお持ちの方は、公益社団法人日本アクアチュアリー会が実施しているアクアチュアリー資格試験に合格する事が必要です。
このアクアチュアリー資格試験に合格し、公益社団法人日本アクアチュアリー会の正会員となることでアクアチュアリーとして認められます。

この資格試験は非常に厳しく難しい試験で、統計学などを詳しく理解していること、さらに生命保険、損害保険、さらに信託銀行などに就職、経験を積み、アクアチュアリー候補として合格を目指すという方が多いです。
数学、生保数理、損保数理等の1次試験、生保、損保、年金というコースから一つ選択して試験を受ける2次試験があります。