1. >
  2. >
  3. データサイエンティスト
PC

データサイエンティスト

投稿者:

データサイエンティストってどういう仕事?

データサイエンティストという仕事をご存知でしょうか。
データを使って統計など行う人?と想像する方が多いと思いますが、そのほかにも、多種な仕事があるのがデータサイエンティストです。

一般的にデータサイエンティストを説明すると、データを活用、駆使して事業の売り上げの向上や利益に貢献する仕事となります。
データの活用については分析ということだけではなく、分析基盤環境の構築、運用などが含まれています。

データサイエンティストの中でもデータ活用に関わる分野を担当する人もいますし、分析に特化しているという方もいます。
活用担当はデータサイエンティスト、グロースハッカー、データアナリストなどと呼ばれていることもあり、業務によって様々な呼び名を持っています。

もしデータサイエンティストとして雇用されることを希望されている方が転職先を見つけた場合、どのような業務を行うのか?ということをしっかり把握しておかないと、自分が得意とする分野の仕事以外の業務かもしれません。

データサイエンティストになるために必要なスキルとは

データサイエンティストは様々なスキルが必要となるのですが、大きく三つに分ける事ができます。
一つはビジネスに精通するビジネススキル、もうひとつは幅広いIT知識、深いデータベース知識、さらにプログラミングなどのITスキル、最後に数学やデータ分析手法知識、さらにデータ分析ソフトウエアの知識など統計解析スキルです。

こうしたスキルをしっかり持っている事、またデータサイエンティストの業務は多数を幅広く行うというには非常に難しい分野なので、自分が得意とする領域をしっかり持っているということが必要です。

規模の大きな企業では最近、コアスキルの異なるデータサイエンティストを各1名ずつ置いています。
そのためこの先、データサイエンティストの雇用先はさらに広がりを見せていくと考えられます。

データサイエンティストになるためには

データサイエンティストになるために何が必要なのか、という前に、データサイエンティストを必要とする企業はどのような企業なのかを考えてみましょう。
大漁のデータを補油している企業の多くがweb系企業であり、やはりweb系企業にデータサイエンティストが多く雇用されています。

ということを考慮するとIT企業、web系企業に雇用されるだけのスキルを持っていることが望まれます。
データサイエンティストになるためにはこの資格が必要という確固たる資格がないので、企業が求める知識や技術をしっかりと持っていること、さらにデータサイエンティストとして持っておくべきスキル、IT、ビジネス、分析などのスキルを磨いておくということが必須でしょう。